木香ブログ

水野製材所からのおしらせ
水野製材所からのおしらせ

2015年5月28日

断熱材は大切です① 断熱方法と材料

おかげさまです。今回は断熱材についてお話します。
その家が快適な空間になるかどうかは、この断熱材によるといっても過言ではないくらい、重要な材料です。

また、一軒の家を建てる時に、一番体積の大きな材料でもあります。 断熱方法は、大きく分けて、内断熱(充填断熱)と外断熱に分かれます。

簡単に言えば、内断熱は壁の厚みを利用して、その厚みの中に断熱材を仕込む方法で、外断熱は壁の外側にもう一つ断熱材の壁を作って家全体を囲ってしまう方法。 材料として代表的なものは、充填断熱の場合はグラスウール、外断熱材は押出発泡ポリスチレンという、ザックリ言えばいわゆる発泡スチロール。

ちなみに、グラスウールは体に良くないんじゃない?と聞かれます。そんなことは全然ありません。 グラスウールのチリを吸い込んだら、ガラスの繊維が肺に刺さって、病気になっちゃうんじゃない?そんなことも全然ありません。

心配な方は参考までに旭ファイバーさんのこちらをご覧ください → https://www.afgc.co.jp/aboutafgc/fg_safety.shtml

断熱材の知識と施工方法について勉強して実践していれば、一番安価でシッカリとした断熱効果を得られる。

何も知らない職人さんが、いい加減に施工すれば、いくらいい断熱材でも猫に小判。 次回も引き続き、断熱材についてお話したいと思います。

akuria   sutairo

2015年5月18日

補助金情報です・・・地域型住宅グリーン化事業

平成27年度から、地域型住宅グリーン化事業という事業が始まります。

これは昨年度までの地域型住宅ブランド化事業と住宅のゼロ・エネルギー化推進事業が統合された事業です。 住宅関連事業者がグループを作って、共通ルールに基づいて長期優良住宅やゼロ・エネ住宅・低炭素住宅の建設を行い、そこに補助金が付きます。 木香ほーむも地域型住宅グリーン化事業に参加して補助金を利用できるようにする予定です。

補助金額は

●超寿命型(長期優良住宅)だとMAXで100万円+構造材に地域材を使用した場合MAX20万円=120万円

●高度省エネ型(認定低炭素住宅)だと、同じくMAXで100万円+構造材に地域材を使用した場合MAX20万円=120万円

●高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅)だとMAXで165万円+構造材に地域材を使用した場合MAX20万円=185万円

但し、ちょっと注意事項が何点かあります。

まず構造材に地域材を使用した場合、これは岐阜県の場合なのですが、地域材である証明をもらうのに、20万円以上かかってしまう(^^;

次に認定低炭素住宅の場合、都市計画区域の用途地域での建物しか対象でないとのこと。田舎は対象外(^^;

最後にゼロ・エネルギー住宅の補助金MAX165万円ですが、太陽光発電等の設備によってイニシャルコストがかかりそうです。 よって、一番現実的なのが長期優良住宅の100万円という感じです。

ただ、長期優良住宅の認定を取得するのにも、通常よりも手間や費用が掛かるため、その分もシッカリと入れて予算組みしましょう。

そうそう、この補助金は年間50棟以上建てている大手と言われる会社では使えない補助金になっていますので、大手ハウスメーカー等で検討中の方は・・・  

0905

2015年5月13日

工務店で家を建てるメリット

皆さん、おかげさまです。 よく家づくりを依頼するのに、 ハウスメーカーが良いのか、地元の工務店が良いのかという質問があります。

残念ながら、明確な答えは正直ありません。自分のしたい家づくりができ、建てて良かったと思えるかどうかです。 そのためにはまずは、自分がどんな家が欲しいのかを明確にすることが大切です。

それが、工法なのか、デザインなのか、金額なのか、それは人それぞれです。地元の工務店に家づくりを依頼する場合

・注文住宅は自由設計であるため、自分の好みやこだわりを反映しやすい。
・地元で仕事をしてきているので信用もあり、よく地域のことを知っている。 (普通に学校行事などで一緒になります)
・家を買うのではなく、一緒に建てるという感覚の人にはピッタリ!
・専門業者さんも地元の方であることが多いので、お施主さんと結構知り合いだったりします。
・性能も保証も大手とほぼ変わらない。
・大手に比べて比較的安価に建てることができる。

などなど、いいところを並べてみました(^^)

逆に、色々と決まりきったものの中から選ぶわけではないので、家が出来上がるまで少々時間はかかりますが、時間をかけてイメージや思いを共有することになるので、自ずと距離感が近くなりますね。

地元に根付いた業者さんとお互いの信頼関係の中で、二人三脚で自分の思い描く家づくりをしたい。 そんな人には、地元の工務店での家づくりが向いています。